MENU

デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?

 

デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?
安全で即効性があり、多くの方が利用している抗不安薬として有名な「デパス」
抗不安作用だけでなく、筋肉をほぐしたり、眠りやすくする効果もあるため、心療内科や精神科だけでなく、内科や整形外科でも処方され、幅広く使用されているのでご存知の方も多いと思います。
インターネット通販で購入したことがあるという方もいるのではないでしょうか。

 

デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?

 

しかし、今まで比較的気軽に手に入れることができたデパスの個人輸入に規制がかかり通販で購入ができなくなることが2016年10月に確定しました。
そうなってくると代わりになる薬、代替薬が無いと困るという方も多いと思います。
では、デパスの代替となる薬はどのようなものがあるのでしょうか。デパスの規制に伴う情報などを紹介しながら、代替薬についても詳しくまとめてみました。

 

デパス、通販を国が禁止

デパスとは?

デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?
デパスは田辺三菱製薬株式会社が製造・販売するエチゾラムを主成分とした抗不安薬です。
抗不安作用の他に、鎮静・催眠作用、筋緊張緩和作用、抗けいれん作用を持っており、神経に穏やかに作用することから普通薬として幅広い用途で処方され、認知度も高い薬です。しかしこのデパス(エチゾラム)が、2016年10月14日に厚生労働省により「第三種向精神薬」に指定されました。

 

向精神薬ってなに?

デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?
向精神薬とは、脳の中枢神経に作用する薬で、抗精神病薬、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬など日本国内では麻薬及び向精神薬取締法で個別に指定された薬物を指します。
向精神薬に指定されることで、今後個人輸入が禁止され、インターネット通販で購入することができなくなります。もし違反した場合は罰則が適用されます。その他にも、1回に処方できる上限が30日になり、海外への持ち出しに制限があるなど取り扱いが厳しく規制されるようになります。

なぜ禁止になったの?

デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?
では、デパスがなぜ向精神薬に指定され、個人輸入が禁止されることになったのでしょうか。
その背景には、向精神薬に指定されていないと処方日数制限がないので、重複処方や大量処方、長期投与などが起きるおそれや、インターネット通販などで気軽に手に入ることから医師の指示なしに大量摂取したり、薬物乱用や依存のおそれが問題視されたことにあります。
国立精神・神経医療研究センターが行った調査では、エチゾラムが最も乱用されている処方薬であるということがわかり、乱用や依存による健康被害を防ぐため、厚生労働省が規制対象を拡大したのです。

 

デパスの副作用は?

デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?
デパスはとても高い効果を発揮する薬ですが、それに伴う副作用についても気になるところです。
デパスは、医師に処方された用量を守り、正しく服用していれば大きな副作用を起こすことはありません。しかし、大量服用したり長期的に服用を続けた場合副作用が現れることがあります。

デパスの主な副作用

湿疹じんましん発熱などのアレルギー症状がおこることがあります。このような過敏症状がおこったら使用を止め、すぐ医師に相談してください。
ねむけ、めまい、ふらつき、けいれん、不眠、失禁、頭痛、眼のかゆみ・かすみ、耳鳴り、口が渇く、手指の震え、むくみ、、脱力感、倦怠感、動悸、血圧の低下、頻脈、吐き気、嘔吐、食欲不振、便秘
頻度は稀ですが悪性症候群(高熱、ふるえ、発汗、頻脈、意識障害など)といった症状がおこることがあります。このような症状が起きた時は医師に相談してください。

デパスの使用上の注意点

デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?
副作用の程度には個人差がありますが、デパスは正しく使用をすれば安全に使用ができる薬です。デパスの使用上の注意点としては次のようなものがあります。

自己判断で服用を中止しない

急に服用を中止すると、せん妄や震えなどの精神・神経症状が起こることがあります。医師と相談の上、計画的に徐々に減量するようにしましょう。

長期的に服用しない

長期服用する場合は定期的な検査を指示されるので、必ず受けるようにしましょう。

服用中に車の運転や、機械等の作業を行わないようにする

服用中は、ねむけ、集中力の低下などが起こることがあるので、自動車の運転、機械等の作業、高所での作業などは避けるようにしてください。
デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?

アルコールと併用しない

デパスとアルコールを併用すると薬が効きすぎてしまうため、副作用が強まるおそれがありますので、デパスを服用中は飲酒を控えましょう

 

デパスの依存性は?

デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?
デパスは、服用期間が長期化するほど体が慣れてしまい、薬の効果の低下を感じてしまうことがあります。
それによって服用量を増やしてしまい、いつのまにか服用しないと不安眠れないなどといった症状を抱える状態になります。
デパスは、長期間、大量に服用すると「依存性をもたらす可能性が高い」と言われています。依存性が強いとどんなことが起きるのかというと、「離脱症状」が起きます。
デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?
離脱症状とは、薬物の服用を止めようとする時に現れる様々な症状です。デパスの代表的な離脱症状としては、幻覚症状、せん妄、痙攣、不眠、手指の震え、発汗、吐き気、頭痛などの症状がが現れやすいことが確認されています。
離脱症状が起きないようにするためには、医師の指示のもと、正しい服薬・減薬を行うことが大切です。

 

デパスの代替におすすめ3選

デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?
デパスの個人輸入が禁止になり、気軽に手に入れることができなくなりました。
デパスの代替となる薬はあるのでしょうか?
実は、デパスのように強い抗不安作用と即効性を兼ね備えた薬は、ほぼ向精神薬に指定されているので、100%同じだけの効果を期待できる代替薬を見つけるのは難しいですが、症状に合わせて抗不安薬や睡眠薬を代替薬として利用するという方法があります。
今回は、デパスの代替におすすめの薬を個人輸入が可能な範囲でを3つご紹介したいと思いますので、参考にしてみてください。

 

 

バスピン

デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?

特徴

抗不安薬「バスパー」のジェネリック医薬品で、ブスピロンを主成分としている非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。脳内の神経伝達物質の作用に働きかけて不安を取り除き、ストレスを軽減します

デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?

値段

5mg1錠あたり30円、10mg1錠あたり55円

副作用

強い眠気、めまい、頭痛、疲労などが報告されています。

依存性

服用後の効果の現れ方がゆっくりで安全性が高く、依存性が現れないのが特徴とされています。

 

デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?

 

https://yakuten-ichiba.com/

 

ジェイゾロフト

デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?

特徴

ジェイゾロフトは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬 (SSRI)と呼ばれる抗うつ薬の一つです。憂鬱な気分や状態を取り除く作用があり、うつ病やパニック障害などの症状に効果を発揮します。

デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?

値段

50mg1錠あたり100円、100mg1錠あたり150円

副作用

吐き気、震え、めまい、口内乾燥、頭痛、下痢などが報告されています。

依存性

ジェイゾロフトは他の抗うつ剤に比べると穏やかに作用するため依存性が低いと言われています。

 

デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?

 

https://yakuten-ichiba.com/

 

ルネスタ

デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?

特徴

ルネスタは2012年に発売された非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。不安・緊張を解消して眠りにつきやすくしてくれます。即効性があり素早く効いて素早く抜けるという特徴があります

 

デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?

値段

2mg1錠あたり90円

副作用

眠気、頭重、頭痛、めまい、ふらつきなどが報告されています。

依存性

ルネスタは、これまでの睡眠薬と比べると安全性が高く、依存性のリスクも少ない薬とされています。

 

デパス規制後のおすすめは?副作用や依存性は?

 

https://yakuten-ichiba.com/

 

更新履歴